NC Holdings NCホールディングス株式会社

ごあいさつ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび、NCホールディングス株式会社並びに日本コンベヤ株式会社の代表取締役社長に就任いたしました梶原浩規と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。

当社グループは1949年の創業以来約70年にわたり、大型コンベヤのトップメーカーの一角として、国内市場のみならずアジア圏を中心に 海外約30カ国のお客様にお取引を頂いて参りました。 また、1988年には立体駐車装置事業に参入。 2006年には、大規模地下式等で実績豊富な日立造船株式会社のパーキングシステム事業部門と合弁により同事業を拡大・発展させてきました。さらには新規事業として人材派遣事業や太陽光発電事業も進出し、多角化も推進してきております。
これもみな、皆様のご厚誼とご支援の賜物と心より御礼申し上げます。

今般、更なる社業の発展を期するため大規模な組織改変をともなう経営改革をスタートさせて頂くことといたしました。詳細は、2018年3月26日付「グループの再編に関する方針決定および子会社の現物配当による孫会社の異動に関するお知らせ」(同日付適時開示)をご参照願います。

今後の戦略の基本方針として次の3つを掲げております。
1.コンベヤ関連事業および立体駐車装置関連事業におけるエンジニアリング事業の収益力強化
2.立体駐車装置関連事業におけるリーディングカンパニーを目指した、市場シェアの更なる拡大
3.メンテナンス事業の更なる受注の積み上げ及びストック型の安定収益体制の構築・拡充

これらを実現するため、2018年4月1日には、立体駐車装置のメンテナンス事業を担当しているグループ会社であるエヌエイチサービス株式会社をNCホールディングス株式会社の孫会社から子会社に移しております。同事業を直接統治することにより意思決定の迅速化を図り、安定収益の柱に育成発展させていく所存です。

また、グループ会社である日本コンベヤ株式会社とエヌエイチパーキングシステムズ株式会社を合併し、両社のエンジニアリング部門を統合します。これにより、人的効率の飛躍的改善を実現。技術力の向上とコストの見直しを推進し、製品面・価格面での顧客ニーズへの迅速な対応を行える体制を整備します。そして、「延伸コンベヤ」に代表される当社の先進技術を駆使した新製品を展開し、お客様と社会に貢献して参りたいと考えております。

さらに、グループの会社機能の一元化と事業シナジーの創出及び販売費及び一般管理費の削減等を目的とし、大阪本部地区並びに東京本社地区において、コンベヤ事業と立体駐車装置事業でそれぞれ分かれていた拠点を統合し、本部機能の充実と社内各部門間におけるコミュニケーションの向上を図り、生産性向上及び経営の合理化を図って参ります。

前期決算(2018年3月末期)においては、上記移転等に伴い発生する費用に加え、主にコンベヤ関連セグメントにおいて全ての資産の見直しを実施し特別損失を計上しております。更なる将来の飛躍に向けて、邁進できる体制を整備できたと考えております。
爾後、NCホールディングス株式会社を中心として既存事業の成長支援・コーポレートガバナンスの強化、新規事業の創造推進、積極的な業務提携・M&Aを加速度的に推進し、グループとして更なる成長および企業価値の最大化を目指してまいります。

なにぶん浅学非才の身であり、至らぬ点も多々あるとは存じますが、社業の発展に微力を尽くす所存でございます。
何卒倍旧のお引き立て、ご指導を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

2018年6月26日
NCホールディングス株式会社
代表取締役社長 梶原 浩規

TOP